こんばんは、ゆーです。

引き続き知床旅行の記事です、

今回は女満別空港のすぐ近くで見れる絶景スポット「メルヘンの丘」を紹介します。

女満別空港からすぐ近くなので、到着した際と、帰り際に二度訪れました。

メルヘンの丘のアクセス

女満別空港から車で約10分。

メルヘン丘での写真

到着した際は曇っており、暗い状態でした。

ジャガイモ畑と麦畑にカラマツの木が堂々と立っています。

ここもインスタ映えスポットなので、多くの人でにぎわっているかと思っていたのですが、他には誰もいませんでした。

これはこれで背景が真っ白になり良いですが、やはり、どうしても暗い雰囲気になってしまいます。

それでも曇りのとき特有の柔らかい光はたんぽぽの綿毛を優しく表現してくれます。後ろの麦畑が北海道らしさを醸し出してくれます。

帰り際に訪れた際は雲はやや多めなものの一部青空も見え、明るい雰囲気で非常に綺麗でした。

広角で撮ると青空と雲をダイナミックに捉えることができます。

雲の隙間から光芒が見えます。

左のじゃがいも畑と右の麦畑で綺麗に分かれており、それぞれ異なる風情を感じさせてくれます。

夕暮れが近づいてくると少しずつ他の人も増えてきました。

縦構図だと空の広がりが強調されます。

一面に広がる麦畑。

夕焼けよりは少し早い西日を受けて黄金色に輝きます。

麦畑の先には等間隔の3本のカラマツ。雲の隙間から漏れる光のおかげで神々しさが出ています。

長くの伸びる麦畑の先に静かに佇むカラマツ。

麦畑の前ボケを使ってカラマツを強調したり。

カラマツをぼかして麦畑を強調したり。

太陽の光を受けて黄金色に光輝く麦畑は本当に美しく、まさに絶景でした。

もう少し時間が経ち太陽が沈んでくると、さらに赤みを帯びて綺麗に輝くと思われます。

が、飛行機の時間がせまっていたのでここで引き上げました。

メルヘンの丘でのタイムラプス

ほんの少しだけですが、雲が綺麗だったのでタイムラプスも撮りました。

メルヘンの丘で撮影時の注意点

「道の駅メルヘンの丘」とは異なる

これは場所の問題ですが、近くに道の駅メルヘンの丘があり、広めの駐車場もありますが、ここからメルヘンの丘までは10分ほど歩かなくてはなりません。

メルヘンの丘にも道路脇に車を駐車するスペースはあります。

まとめ

曇った時と晴れているときに訪れましたが、やはり太陽の光を浴びて光輝く麦畑は格別です。

あとは夕焼けのタイミングや冬にも訪れてみたいですね。

場所は広いので、ゆっくりと写真をとることができるためおススメです。

ちなみに余談ですが、カラマツの植えてあるところは私有地のため立ち入り禁止でした。

北海道知床旅行の他の記事もぜひご覧ください。