こんばんは、ゆーです。

今回は北海道東部の観光名所知床の観光スポットをランキングにしました。

知床は過去に二度訪れており、豊かな自然、温厚な地元の方、壮大なオホーツク海と本当に素晴らしい場所です。直近では2019年夏に知床を2泊3日で訪れたのでそのときの観光を中心におすすめの観光スポットをランキングにしたので是非観光計画の参考にしてください。

夏の知床観光

知床観光と言えば、冬をイメージされる方も多いかとは思います。私も初めて知床を訪れたのは冬の季節でした。そのときはオホーツクの海が凍って流氷を見て感動した覚えがあります。流氷を船で割っていきながら進み、キタキツネなどを見たのは良い思い出です。

しかし、知床観光は冬だけではありません。夏の観光も素晴らしい場所が詰まっています。夏でも比較的涼しいため快適に過ごすことができ、北海道の大自然を満喫することができます。実際有名な観光地でなくても、知床の町を運転していると思わず立ち止まって写真を撮りたくなるスポットがたくさんありました。

知床・夏のおすすめ観光スポットランキング10

私の主観ではありますが、知床周辺の観光スポットをランキング形式にまとめました。ちなみに私は自然の美しい景観、絶景がとにかく好きで、空の写真を撮るのが好きな人間です。

同じような方であれば、参考にしていただければ、有用な情報になっています。

①知床峠

知床八景の一つ知床峠。斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路の頂上、標高は738m。秋の紅葉が有名ですが、個人的には夏の星空観測が最もおすすめです。秋や冬でも星空は見えますが、冬の知床で夜中の天体観測は相当な寒さのため覚悟が必要です。標高が高く風が強いことが多いため、星空が綺麗に見える夜中などは夏でも普通に寒いです。

一面に広がる満天の星は本当に圧巻で、これをみることができれば、間違いなく記憶に残る旅になります。流れ星も見ることが可能です。

駐車場:あり

トイレ:あり

知床峠の星空観測の詳細は以下の記事で紹介していますので、ぜひチャックしてみてください。

②夕陽台

知床八景の一つ夕陽台。いうまでもなく、夕陽、夕焼けの名所。知床ウトロ港から車で5分ほどとアクセスも良い。オホーツクの海に沈んでいく姿は心が洗われる絶景です。近くのキャンプ場でテントを立てている人がたくさんいます。

大切な人と素晴らしい夕焼けを見ると絆が深まること間違いなしです。

駐車場:あり

トイレ:あり

夕陽台での夕焼けの詳細は以下の記事を参考にしてください。他にもたくさんの写真を載せています。

③知床五湖

知床八景の一つ知床五湖。知床半島の先の方に位置している、知床と言えば知床五湖と言われるほど、有名ですね。有名なのにはそれなりの理由があるのものです。普通に暮らしていては、なかなか出会うことのできない、人口物による汚染のない、ありのままの自然が心を癒してくれます。シカやリス、野鳥を見ることができます。運が良ければ、悪ければヒグマが出現することもあるそうです。

ここは、動物園や植物園などのように、人間が見に行く場所ではありません。我々人間が自然界にお邪魔するのだという認識を忘れずにマナーは守るようにしましょう。

知床五湖では無料で入れるエリア、小ループツアーで入れるエリア、大ループツアーで入れるエリアに分かれています。

駐車場;あり

トイレ:あり

小ループツアーに参加した際の記事を書いているので、参考にしれください。

④美幌峠

知床からすぐの網走エリアに位置する美幌峠。標高525mから見下ろすと見渡すかぎりの大自然。日本一のカルデラ湖である屈斜路を望むことができ、空も広く感じます。

私が訪れた際は雲が多かったものの、青空が見えると、自然の緑とのコントラストがはっきりして、絶景が広がります。

私は昼時に訪れたのみでしたが、夜には知床峠同様満天の星が広がるようです。これだけ周りに人口物がないと相当綺麗に見えそうです。天の川も見えるようです。

駐車場:あり

トイレ:あり

⑤メルヘンの丘

知床に最も近い女満別空港からすぐ近くにあるメルヘンの丘。広大な麦畑の先に堂々と佇むカラマツの木がとても美しいです。

有名な観光地ではあるものの、滞在時間が短いこともあってか、混雑はほとんどありません。ゆっくりとすきなだけ写真を撮ることが可能です。

晴天の日はもちろんのこと、雲間から差し込む光、また夕暮れ時は本当に美しく、感動の景色をみることができます。

駐車場:あり

トイレ:なし(徒歩10分ほどのところにある道の駅メルヘンの丘にあり)

メルヘンの丘での詳細は以下の記事を参考にしてください。

⑥天まで続く道

女満別空港から知床半島へと向かう道中にある斜里町・天まで続く道。北海道の広大な土地にひたすらまっすぐ続く長い道路。長さはなんと28.1kmもあります。

天気が良い日や夕暮れ時はめちゃめちゃ綺麗な景色が見えます。ただただ、まっすぐな道、その両脇に広がる自然が美しいため、ポートレートなどにも最適です。友達どうしや、カップルでもお互いの写真を撮るのは楽しいと思います。

駐車場:あり

トイレ:なし

天まで続く道に関する詳細は以下の記事をご覧ください。

⑦神の子池

日本で最も透明度の高い湖、摩周湖の伏流水からできている神の子池。名前に負けない神秘的な青い色をした池は不思議なパワーを感じます。

駐車場:あり

トイレ:あり

青い池での詳細は以下の記事を参考にしてください。

⑧オシンコシンの滝

知床八景の1つオシンコシンの滝。日本の滝100選にも選ばれており、途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。水量が多く糸のように細々流れる滝、水量が多く迫力ある水しぶきをあげる滝、どちらも楽しむことができます。

滝と聞くと山奥の、かなり歩いた場所にあるようなイメージですが、海岸沿いの道から徒歩1分くらいですぐたどり着けます。

⑨プユニ岬

知床八景の1つプユニ岬。小高い場所からウトロ港とオホーツクの海を見渡すことができます。夕暮れ時には綺麗な夕焼けをみることができ、また夜にはウトロ港の光が綺麗な夜景を見せてくれます。 

プユニ岬自体小さな展望台のような形になっているため、ふらっと寄って短時間眺めるというのに適しています。

駐車場:なし(但し、短時間路肩に停める程度は可能。)

トイレ:なし

⑩網走監獄

有名な網走監獄。自然の風景は天気が悪いと魅力が半減してしまいますが、ここは問題なしです。自然の風景も良いですが、たまには歴史に関して学ぶことも重要です。監獄の中は特徴的な構造をしており、写真を撮るのが楽しいです。

網走監獄には監獄食堂があり、実際の監獄の中の囚人が食べていたとされるご飯などを食べることができます。お土産なども特徴的なものがたくさんあるので、おすすめです。

駐車場:あり

トイレ:あり

まとめ

知床は大自然が広がっていて、自然好き、絶景好きには絶対にお勧めの観光地です。私も2019に夏の知床を訪れてから知床そして北海道のことがより一層好きになりました。

是非一度訪れてみてください。

北海道に加え、私の好きな長野の記事もぜひご覧ください。