こんばんは、ゆーです。今回は写真とは関係ないですが備忘録として。

本日Google adsenseから急に「重要なお知らせ:Adsenseポリシーが変更されました」とのタイトルでメールが来ました。

実は私はGoogle adsenseを利用してまだ1か月程度。もともとのAdsenseポリシーすらよくわかってないわ。というのが正直なところ。。。そんな収入を大きな目的にしているわけではなく自己満メインのブログなので、あまり気にしていませんでした。ただ、良い機会なので、Googleのポリシーに関して勉強する機会にしました。

初心者の視点でできるだけ簡単に説明します。

Adsenseポリシーが変更されました。

2019/9/30にGoogleから重要なお知らせということで、下のようなポリシーの更新についてのメールが来ました。

これを見たとき、私はポリシーが変わったために自分のサイトがポリシー違反になったのかと思いました。自己満の写真ばかりあげるサイトは存在価値がないと言われたのかと。同じことを考えた人もいるかと思いますが、安心してください。そんなことではありませんでした。

変更点と対応すべきこと

もともとのGoogleのポリシーは正直よくわかっていませんが、要するにどうなって、今後何を気をつければよいのか?が気になるところでしょう。

変更後のポリシーは2つ。

・Google サイト運営者向けポリシー

・Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項

この2つのポリシーにだけ気をつけておけば良いということですね。

対応すべきことを知りたい方のために先に言っておくと結論としては今まで通りの考え方で基本的に問題ないということです。それぞれを見ていきましょう。

Google サイト運営者向けポリシー

なにやらいろいろと書かれていますが、このポリシーの意味は「ここに示されているコンテンツはポリシー違反だから広告もつけないし、違反行為として最悪の場合アカウント停止や閉鎖をします」ということでした。

要するに絶対やってはいけないことを示したポリシーですね。そのポリシーの内容は基本的に至って当たり前の内容でした。

国際結婚の斡旋

ただ一点だけ意外だったものがありました。あまり関係のない人が多いかと思いますが、それは「国際結婚の斡旋」です。

詳細としては「外国人との結婚を補助するコンテンツ : 国際結婚斡旋、婚活ツアー」と記載されていました。私個人としては国際結婚が悪いことだとは思わないのですが、なぜなのでしょうか。普通の婚活ツアーは良くて国際婚活ツアーはダメというのは少し疑問です。Googleはグローバル、ダイバーシティを重要ししている企業のはずなのに。

ふと思ったのは、ここで指す国際結婚とは明らかに愛ではなく、金や、血族を目的とした結婚のことでしょうか。あまり話していて気分の良い話ではないですが、実際問題お金のある日本人男性が経済力に物を言わせて、悪く言えば買うような形でアジア圏の貧しい国の若くて綺麗な女の子と結婚したり。また都市伝説的に中国は中国人の血を広めるために日本を含めた国際結婚を奨励しているなどの話も聞いたことがあります。※ソースはなくあくまで都市伝説なので、鵜呑みにはしないでください。

まぁそういった良くない部分があるのも確かなので、国際結婚を補助するコンテンツを禁止にしているのかと思いました。

その他

その他に関しては至って当たり前の内容でしたので説明はしませんが、一応羅列しておきます。

・違法なコンテンツ

・知的財産権の侵害

・絶滅危惧種→これは絶滅危惧種の動物等から作られた商品の販売を促進するコンテンツという意味でした。

・危険または中傷的なコンテンツ

・不正行為を助長する商品やサービス

・不適切な表示に関連するコンテンツ

・悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア

・露骨な性的描写を含むコンテンツ

・国際結婚の斡旋

・家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ

・児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項

2つ目のポリシーが「Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項」。こちらもいろいろと書かれていますが、その意味としては「ポリシー違反ではないものの、広告が表示されなくなるかもしれない」ということでした。

要するに、「違反じゃないけど、Googleとしておススメできないだから広告はつけない。」ということでしょう。違反じゃないためペナルティがあるわけではないけど、おススメはできないため、広告はつけませんという意味合いと解釈しました。

こちらも私からすると当たり前の内容でした。グレーな内容が当てはまっていますね。そもそもポリシー違反にならないだけ良いのではと思いました。いかに羅列しておきます。

・性的なコンテンツ

・ユーザーに強いショックや不快感を与えるコンテンツ

・爆発物に関するコンテンツ

・銃や銃の部品と関連商品に関するコンテンツ

・その他の武器および兵器に関するコンテンツ

・タバコに関するコンテンツ

・危険ドラッグに関するコンテンツ

・アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ

・オンライン ギャンブルに関するコンテンツ

・処方薬に関するコンテンツ

・未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ

・Google Play ストアから削除されたアプリ

まとめ

しっかり内容を読めば普通に健全なブログをやっている人にはほとんど影響のない内容のポリシー変更でした。

改めて自分なりに今回のポリシー変更をまとめると

・Google サイト運営者向けポリシー

→アウト。完全な黒。ペナルティあり。

・Google サイト運営者 / パブリッシャー向け制限事項

→ギリギリセーフ。グレーゾーン。ペナルティはない。

と解釈しました。

まぁ私には今後も関係のないであろう内容で安心しました。

今後も安心して自己満写真をあげていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です