シドニーへ一人旅へ行った際に、クージービーチで素敵な日の出を混雑なく鑑賞することができました。前日にはボンダイビーチで日の出おを見ましたが、それとはまた違う雰囲気、良さがあり、どちらも見て損はありません。

ボンダイビーチの日の出記事も良ければご覧ください。

クージービーチとは?

シドニー東部に位置するビーチ。東部に複数存在するビーチ郡の中ではボンダイビーチに次ぐ人気のビーチ。ボンダイビーチから始まる「bondi to coogee costal walk 」のゴール地点にもなっています。ボンダイビーチと似ていますが、よりも混雑が少なく、観光客よりも地元住民に愛されたビーチになっています。ボンダイビーチほどではありませんが、カフェなどもすぐ近くに複数あります。

クージービーチまでのアクセス

いくつか行き方はありますが、シドニーセントラル駅からだと372/274のバス乗れば1本で約30~40分で到着します。これらのバスはcoogee行きもしくはCoogee North Arden St行きとなっています。終点まで行っても行けますが、「Arden St before Dolphin St」で降りると少し近いです。ビーチのすぐ前の道を走るので、ビーチが見えれば降りてしまえば問題ないです。

ちなみにボンダイビーチからCostal Walkという海岸線を歩いてくると約2時間半ほどでクージービーチまで来ることができます。距離はありますが、絶景がたくさん待っているので体力に自信がある方にはおススメです。

クージービーチでの朝焼け

この日が4日間のシドニー旅の最終日。午前9時のフライトに乗らなければならないので、時間は限られていますが、最後の最後まで満喫します。

この日の日の出時間は6時10分ごろ。若干寝坊して5時45分ごろに外に出ます。夜明け時の地平線付近のみがオレンジ色に明るくなりだしていて、素敵な色味の空になっています。この日も天気が良くてよい日の出が見れそうです。

ビーチの目の前まで来ました。ちらほら犬の散歩やランニングをしている人たちが見えますが、ボンダイビーチに比べるとかなり人は少ないです。

左手に見える岩場に人影が見えます。美しい朝焼けを見て黄昏ているのでしょう、親近感がわきます。良いシルエットの被写体となってくれます。

そして前日のボンダービーチに続き、クージービーチも相当波が荒れています。波の音がボンダイのときよりもかなり大きく迫力がありました

クージービーチでの日の出写真

そして日の出を見る場所としては左手に見えていた岩場あたりに行くことにしました。クージービーチの左手前には「Dunningham Reserve」という緑豊かな公園が広がっており、その先の岩場は「Dolphins Point」という名前の場所となっています。

岩場まで来ると高い位置からボンダイビーチを眺めることができます。このときにはビーチの人も増えて定番のトレーニングしている人がたくさんいます。

先ほどのDolphins Pointというのは岩場の上の場所を指すのですが、今回は岩場のすぐ横の階段を下りて岩場の下に行くことに。岩場はの下は当然ほぼ海面と同じ高さなので、波がすぐ近くまで来るので、注意が必要です。高波注意の標識もありました。

安全には気をつけなければなりませんが、遮るものがない広大な太平洋を見渡すことができ感動です。波が荒れていることが海の壮大さ、厳しさを物語っています。

地平線近くの空が鮮やかなオレンジ色に光り始めました。

海以外は岩しかないので、岩を被写体にいろんな写真を撮りました。

そして日の出の時間です。鮮やかに眩しく輝く太陽が顔を出します。何度見てもエネルギーを感じます。そして毎日雲の様子などが異なるので、全く飽きることがありません。

顔を出したと思うと一気に昇っていきます。

手前の岩に焦点を当てて、太平洋と太陽をぼかす。贅沢な一枚。個人的にお気に入りです。

よく見るとうっすらと達磨朝日になっていました。幸運のしるしです。今回のシドニー旅が非常に恵まれたものであることを物語っているようです。

2つの岩の間に太陽の光が海面に反射して光の道ができれば幻想的だと思ったのですが、太陽が低すぎたのか、波が荒れていたからか思ったよりも反射が弱かったです。

波が高く、手前の岩に当たっては迫力ある波しぶきをあげていました。何とかそれを撮りたいのですが、波しぶきにはカメラの苦い思い出があるため、細心の注意を払いました。高い波が来てもほとんど波しぶきがかからないギリギリの位置を探して波しぶきを捉えました。ただ、そういう時に限って高い波が来ないものなんですよね。何十枚も撮ってようやく満足のいく写真が撮れました。

クージービーチでの日の出シルエット写真

ボンダイビーチでも撮りましたが、ビーチでの日の出はシルエット写真に最高のロケーションです。

岩場で朝焼けを見ながら1人黄昏る男性。

早朝砂浜トレーニングの女性コーチ。

コーチに鍛え上げられる生徒達。早朝から海入ってそのまま砂浜ダッシュとかなかなかストイックなトレーニングをしていました。。。

早朝からビーチを散歩する親子。小さい子供は本当に絵になります。欧米系の子どもは天使です。

シルエットだけでここまでかわいさが伝わるのは異常です。

姉妹でジャンプの練習。お姉ちゃんが妹にジャンプを教えてあげています。なんとも微笑ましい。

ほんとはもっとずうといろんな日の出写真を撮っていたかったのですが、フライトの時間が迫ってきていたので、ここまでとしました。

まとめ

シドニー旅最終日、最後の最後にクージービーチで圧巻の日の出を見ることができ大満足です。クージービーチはボンダイに比べて人も少ないため、地元の穴場感があって好きな場所でした。

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村