先日シドニーへ一人旅へ行った際にブルーマウンテンズ国立公園のエコーポイントに行き、最も有名なスリーシスターズとの夕焼けを見てきました。

ブルーマウンテンズで最も定番のスリーシスターズも夕暮れ時になると違った表情を見せてくれます。

ここへ訪れる前にはキングステーブルランドへと行ってきましたので、そちらの記事もご覧ください。

スリーシスターズとは?

ブルーマウンテンズ国立公園にある大きな3つの岩のことを指します。ブルーマウンテンズの観光においては最も有名なのではないでしょうか。ほとんどの人が訪れる定番観光スポットとなっています。

スリーシスターズは日本語に訳すと3姉妹ですね。なぜ3姉妹なのか。これはアボリジニの伝説が関係しているようです。3姉妹の父が怒った魔物から娘たちを守るために3姉妹を岩に変えてしまいました。しかし父はそのまま死んでしまい、娘たちは岩から戻ることができなくなったと言われています。

しかし、この話には諸説あるみたいですね。私が聞いただけでも、父ではなく長老だとか、3姉妹は種族の異なる禁断の恋をしたとか。とにかく3姉妹が岩になったという部分だけは間違いなさそうです。

スリーシスターズを見るためのエコーポイントへのアクセス

スリーシスターズは3つの岩のことを指し、これを見るには少し離れた展望台であるエコーポイントから見る必要があります。ブルーマウンテンズで最も人気の展望台です。そんなエコーポイントへのアクセスを紹介します。

エコーポイントの最寄り駅はカトゥーンバ(Katoomba)駅です。ブルーマウンテンズ観光の中心地ですね。カトゥーンバ駅からはバスも出ていますが、あまり頻度は多くないです。路線バスやトロリーバスがありますが、いずれも30分に1本ほどです。

徒歩でも30分程度でいけますので、個人的には徒歩がおススメです。歩いてカトゥーンバの街並みを見ながら向かいましょう。

カトゥーンバ駅~エコーポイントまでの徒歩

電車でカトゥーンバ駅に着くと地価を通って地上に出てきます。

地上へ出ると正面はこのような景色になっています。この正面の道をしばらくはひたすらまっすぐ進んでいきます。初めはお店などが立ち並び商店街のような雰囲気になっています。

途中まで行くとそんな商店街の雰囲気から一気にお店が少なくなります。

まっすぐな道が続いていきます。この雰囲気も緑が多くて好きです。人通りは基本的に少ないです。バスや車で移動する人が多いようですね。だからこそ歩きたくなるものです。この道の両サイドは住宅街となっており、おしゃれな家が立ち並びます。

しばらくまっすぐ進むと、左折を示す看板が見えてきます。文字が少し小さいので見落とさないように気をつけた方がいいです。

左折したあと突き当りを右に曲がるとそのまま道なりに真っすぐ進んでいけばさらに看板が見えてきます。

ここまで来るともうすぐそこです。

トイレももちろんあります。

正面に見えている少し開けた場所がエコーポイントとなっており、この左奥にスリーシスターズが待ち構えています。

エコーポイントの案内図

エコーポイントは広くはないもののいくつかのエリアに分かれています。普通に歩いてくると下の写真の左上の方から下に向かって歩いてくることになります。そして最初に到着するのが、⑤のEcho Point Lookoutになります。ここが最も定番です。

⑤は2階部分となり、1階部分の④へ降りることも可能です。

④、⑤以外にも①~③、⑥と地図上はいろいろと示してありましたが私が訪れた際はこれらは工事をしていて入ること、通ることができない状況となったいました。そのため④、⑤のみです。

スリーシスターズに虹がかかる

エコーポイントに到着したのは18時前。この日の日没は19時過ぎ。日が沈むのはまだまだ時間がありました。まずは最初に到着する2階部分⑤でしばらく撮ります。地図があり、どの方角に何があるのか書いています。これを見るとキングステーブルランドも記載されています。正直遠すぎてよく分かりませんでしたが、先ほどまであそこにいたと思うとすごい遠くまで行っていたんだなーと感じました。

そして1階部分の④へ降りると、そこには絶景のスリーシスターズに虹がかかっていました。かっこよすぎませんか。。。遠くの分厚い積乱雲から虹ができています。

遠くの分厚い積乱雲から虹ができています。おそらく雨が降っているのでしょう。暗くなっています。手前側の上空の青さと遠くの空の暗さが良いコントラストを生み出しています。さらに濃い虹の右側にはうっすらとですが、副虹もかかっています。副虹に関しては正直気づきませんでした。家に帰って写真見返している時に初めて気づきました。突然現れた美しい虹でしたが、数分後には消えてしまっていました。自分の強運っぷりを誉めてあげたいくらいです。

スリーシスターズの夕焼け

ようやく日の入り時刻が少しずつ近づいてきて、日が落ちてきました。西日独特の光になり、影が伸びていきます。ここエコーポイントからだとスルーシスターズは東の方向にあります。そのため太陽の日の入りとスリーシスターズを見ることはできませんが、西日を受けて輝くスリーシスターズを見ることができます。そいて太陽は西側にそびえ立つ山に太陽が沈んでいきます。

それじゃあ夕焼けは意味ないやん、、、と思った方もいるでしょう。、、、安心してください。そんなことはありません。夕焼けをよく見る方なら分かると思いますが太陽が沈む方向と反対側の東の空も西の空とはまた異なる色味の夕焼けを見せてくれることが多々あります。この日も西の空に太陽が沈んで少ししたころ、いわゆるマジックアワーですね、東の空が美しく色づいていました。

ほんのりと淡いピンク色に色づいてくれました。西の空のように派手さ、華やかさはすくないですが、それでも美しい空を見せてくれます。やはり、太陽が沈むまではかなりたくさんの人は日の入を待っていましたが、太陽が見えなくなってしまった瞬間から一気に観光客が減っていきました。確かに外は風が強く普通に激寒といった感じでしたが、こんな素晴らしい景色が待っているんだからもう少し待った方がいいよと教えたくなってしまいます。

ただ、この素晴らしい絶景を独占できていると思うと優越感を味わうこともできます。

スリーシスターズでの夕焼け撮影時の注意点

・スリーシスターズへの日の入は見れない。

エコーポイントからはスリーシスターズに沈む太陽というのは見えません。スリーシスターズは東側に見えるので。エコーポイントから西の空を見るとブルーマウンテンズの山が見えます。そのため、山に沈む太陽は見えます。

・スリーシスターズの夕焼けは美しい

スリーシスターズへの日の入は見れませんが、スリーシスターズの空に広がる美しい夕焼けを見ることはできます。見に行って絶対に損はありません。

・風も強くシドニー市内よりもはるかに寒い

もともとカトゥーンバは標高が高いため、特に夕暮れ時になるとシドニー市内よりもはるかに寒いです。加えてえてエコーポイントは山の開けた場所にあるため、風が非常に強いです。そのため、体感温度は気温以上に下がっています。シドニーとは全く違うと思った方がいいと思います。防寒具はしっかり準備しましょう。

まとめ

ブルーマウンテンズで一番の観光名所スリーシスターズ。エコーポイントから見るスリーシスターズは写真で見るよりも大きく迫力があり、そこにかかる虹、そして美しい夕焼けを見ることができ非常に満足です。

翌日は同じ場所エコーポイントからスリーシスターズの日の出を見てきました。日の出は東側なので、スリーシスターズの日の出を綺麗に見ることはできました。

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

4 thoughts on “スリーシスターズでは日の入が見れない。それでも夕焼けが美しい。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です