先日シドニーへ1人旅した際にシドニーの代名詞ともいえるハーバーブリッジとオペラハウスを同時に見ることのできる夕焼けスポットがないかと探していました。そしてたどり着いたのが今回紹介するミセス・マッコリーズ・ポイントでした。

ミセス・マッコリーズ・ポイントとは?

ミセスマクアリーの椅子とはハーバーブリッジ、オペラハウスの海を挟んだ東側に位置している岬です。2つのランドマークの東側にあるため、西に沈む太陽を見ると両者を同時に見ながら日の入りを見ることのできる夕焼けスポットです。

場所はサーキュラーキー駅の東側に広がる ロイヤル・ボタニック・ガーデン の端にあります。

ミセス・マッコリーズ・ポイントへのアクセス

アクセスはサーキュラーキー駅から徒歩で約20分です。

徒歩20分と少し歩きますが、サーキュラーキーのすぐ東にある ロイヤル・ボタニック・ガーデン という芝生の広がる公園内を歩くので、緑の広がる気持ちの良い道を歩いていると遠くは感じません。

ハーバーブリッジとオペラハウスを同時に見る夕焼け写真

この日は日の入り時刻ギリギリだったので、 ロイヤル・ボタニック・ガーデン の写真を撮る時間がありませんでしたが、緑豊かで天気の良い日は散歩するだけでも気持ちがリフレッシュできそうな雰囲気でした。

ハーバーブリッジとオペラハウスのコラボ写真という点だけに絞ればミセス・マッコリーズ・ポイントの手前ぐらいのほうがちょうど両者が重なって綺麗でした。ただ、ここからだと北北西ぐらいの方角だったため、太陽が沈む方向とは少しずれてしまいます。

そして ミセス・マッコリーズ・ポイント に到着しました。すでに西の空が色づいていました。オレンジ色に色づく空にハーバーブリッジ、オペラハウス。まさにシドニーと言えばのシンボルを詰め込んだ贅沢な景色です。

このポイントには既にたくさんの人が夕焼け、日の入りを見るために集まっていました。三脚を構えているカメラガチ勢からカップル、ファミリーなどたくさんの人がいました。

但し、結果から言うと太陽が沈むのはハーバーブリッジやオペラハウスとは少しずれていました。 ミセス・マッコリーズ・ポイントからでも北西の方角にオペラハウスがあるので、太陽が沈むのは西側。写真でいうともう少し左側でした。

左側にはシドニーの高層ビルが広がり、この奥に沈むような形でした。

広角で撮れば全てを収めることができそうでしたが、やはりハーバーブリッジとオペラハウスは大きく写したいと思い、太陽は諦めて夕焼け色に色づく空のみを写すことにしました。

うっすらとピンクがかったオレンジ色の空は本当に美しいです。この日はひたすら歩き続けていたのですでに35000歩ほど歩いていて相当な疲れがありましたが、そんな疲れを忘れさせてくれる素晴らしい夕焼けでした。

ミセス・マッコリーズ・ポイントでの夕焼け鑑賞の混雑具合

ハーバーブリッジとオペラハウスを同時に見れる夕焼けスポットなので、人気の場所となっており、日の入り時刻が近づいてくるとたくさんの人が集まっています。ただ、公園内はかなり広いスペースがあるので夕焼けをみることができないということはありません。

多少位置が変わってもそんなに見える景色に変わりはありません。

ミセス・マッコリーズ・ポイントでの夕焼け撮影時の注意点

日の入の位置はオペラハウス、ハーバーブリッジとは重ならない

季節により日の入位置は変わると思いますが、ミセス・マッコリーズ・ポイントからだとオペラハウスは北西方向のためオペラハウスと重なった位置に沈むことはないと思います。

まとめ

シドニーと言えばハーバーランドとオペラハウス。そんな2大ランドマークと夕焼けを一緒に見れる贅沢な夕焼けスポットがミセス・マッコリーズ・ポイント。

シドニーへ旅行する際は是非一度訪れてみてください。

シドニー旅行の記事は他にもありますので、そちらも参考にしてみてください。

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

2 thoughts on “ハーバーブリッジとオペラハウスが同時に見える夕焼けスポットミセス・マッコリーズ・ポイントを紹介。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です