先日人生で初めてのデルタ航空の最高級ビジネスクラス、デルタワンに乗ってアメリカンに行ってきました。ビジネスクラスともなるとラウンジを利用することも可能です。

羽田空港国際線ラウンジ

まずは簡単に羽田空港国際線のラウンジに関して。国際線にはカード会社のラウンジであるSKY LOUNGE と SKY LOUNGE ANNEX。そして航空会社の共有ラウンジであるTIAT LOUNGE と TIAT LOUNGE ANNEXの計4つがあります。

今回私が利用したのはTIAT LOUNGE ANNEXです。

TIAT ラウンジ ANNEX 入り口

2つあるTIATラウンジの内の1つTIAT ラウンジANNEX。5F部分がTIAT LOUNGEです。6FはCATHAY PACIFIC航空のラウンジです。人気のANAやJAL以外にも有名どころの航空会社は自社のラウンジをもっているわけですね。

私の乗るデルタ空港以外にも多くの航空会社が提携しています。但し正直良く分からない航空会社が多いです。デルタ以外はCHINA AIRLINEぐらいしか分かりません。まぁ細かいことを気にしていてはいけません。

入り口に来ると高級感のある雰囲気があふれ出しています。高級感があるせいでラウンジ初心者の私にとってはなかなか入るのに勇気が必要でした。しかしそんな緊張は押し殺して、さもいつも利用してますよ感を出して自動ドアをぐぐります。

TIAT ラウンジ ANNEX 座席

中はかなり広々としていました。基本、テーブルとイスが置いてあるだけですが一つ一つのソファに高級感があって贅沢な場所となっています。

提携している航空会社は多いですが、人はそこまで多くなく、座る席がなくなるなんて心配は全くありませんでした。

全部を確かめてはいませんが、多くの座席には電源がついているので、充電をすることも可能です。但し、基本的にソファイスとなっており、どっしり腰を掛けてくつろぐのが目的のスペースなので、パソコンや書き物などの作業はなかなか難しいです。

作業をする場合は10席ほどあるカウンター席もしくはビジネスエリアがあるのでそちらを利用しましょう。

TIATラウンジANNEX 食事

食事は特別すごいもの美味しいものがあるわけではありませんが、普通にご飯として利用できます。唐揚げm焼きそば、パン、野菜などなど。お酒とおつまみもたくさんあります。

ビールサーバーもあります。



アルコールつ類もしっかりあります。

ただ、お酒の弱い私はアルコールは遠慮しておきます。アルコールを飲むとすぐに眠くなって思考停止してしまうので。お昼過ぎから思考停止してしまってはもったいなすぎです。ジュースで十分です。

食べ物をしっかりとって窓際の席に座りました。個人的には野菜チップスがあったのがうれしかったです。あとはおつまみとしてチーズやサラミ、ナッツなどがたくさん。お酒飲まなくてもこのへんのおつまみは大好物なので満足です。

ラウンジの料理はしょぼいという声もちらほら聞いていましたが、私にとっては十分美味しい内容でした。

TIATラウンジANNEX シャワー

せっかくラウンジに来たのですから、使えるものは使わないと。ミネアポリスまでの11時間のフライトなので、ちょうどシャワーを浴びたい気分でもありました。

シャワーを利用するにはスタッフの方に声をかける必要があります。スタッフに声をかけると鍵を持ってきてくれて、使用することができます。

入ってみた感想としては、綺麗!でした。

普通のホテルのシャワールームのようでした。トイレとシャワールームの扉が透明だったのは少しエロい雰囲気がありました。無駄にエロい。まぁラウンジのシャワーには関係ないですね。

シャワーヘッドは普通の自由に動かせるタイプのシャワーヘッドと上から落ちてくるパターンのシャワーヘッドの2タイプありました。余談ですが、アメリカで泊まったホテルは全て後者の上に設置されて上から落ちてくるタイプのシャワーヘッドでした。

アメニティはボディソープ、シャンプー、トリートメントはもちろんのこと、フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシ、櫛、ドライヤーもちゃんとついています。

まとめ

人生で初めてのラウンジ利用でしたが、満足でした。内部の贅沢感はもちろん良かったですが、やはりラウンジの一番の魅力は優越感という点に尽きるでしょう。

ビジネスクラスに乗って、さらにフライトまでの時間は混み合った搭乗ゲート付近ではなく広々とした座席で優雅な時間を過ごす。他の人とは違うんだという優越感は非常に感じました。

こうなると人気と言われているANAやJALのラウンジもいつか利用してみたいですね。

4 thoughts on “デルタ航空利用で羽田空港TIATラウンジANNEXを満喫する。混雑、座席、食事、シャワーを紹介。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です