先日アメリカ・ミネソタ州セントポールへ行った際に都市部から離れた場所に綺麗な日の出、夕焼けの見れる穴場スポットを見つけたので写真とともに紹介したいと思います。

セントポールとは?

セントポールは名前は聞いたことがある人が多いかと思いますが、実際の場所を知っている人は少ないでしょう。アメリカ合衆国ミネソタ州東部に位置する都市。ミネソタ州の中ではミネアポリスに次ぐ第2の都市。

観光の名所としてはセントポール大聖堂が有名です。

セントポールの日の出・夕焼け時間

9月末でしたが、セントポールの日の出時間は日本よりもかなり遅い時間でした。朝ホテルを出たのは朝6時45分ごろ。この日の日の出時刻は7時5分。。日本だとこの時期は5時半ごろだったので、かなり遅めの日の出になります。ちなみに世界中いろんな場所の日の出、日の入り時刻を調べるのは以下のサイトが便利です。

セントポールの日の出スポット

時差ボケもあってか、朝早く起きることができたので朝焼けを見に、日の出スポットを探すことにしました。結果的に美しい日の出を見ることのできるスポットを見つけることができました。早速場所を紹介しましょう。

こちらのメキシコ料理の駐車場です。正確にはメキシコ料理やいくつかのお店がまとまっている場所の駐車場です。アメリカにはこういった1つのお店ではなく、複数のお店がまとまった、小さなショッピングモールのような場所が多くあります。

朝、日の出前の時間帯は車もほとんど停まっていないため、入りました。特に何も書かれておらず、規制もされていなかったので。そのため、駐車場に入っていいのかの保証はできませんので、そこは自己責任でお願いします。

今回はアメリカのミネソタ州セントポールに訪れた際に美しい朝焼け日の出を見ることができたので、紹介します。特に観光スポットというわけではありません。たまたま、ホテル近くを散歩した際に綺麗に見える場所を見つけました。

Holiday Inn Express Inver Grove Heightsでの宿泊

せっかくなので上記夕焼けスポットのすぐ近くにある滞在したホテルも紹介しておきます。セントポールでのホテルの紹介です。私が泊ったのはHoliday Inn Express Inver Grove Heightsというホテルです。ミネアポリス空港からタクシーで20分ほどの場所にあります。

部屋はこんな感じ。アメリカのホテルは部屋が非常に広いです。そもそもシングルという考え方が少ないのでしょうか。ベッドはダブルサイズで一人で使うのがもったいないくらいでした。アメリカのホテルは、エアコンが床に設置されているタイプでした。日本みたいに天井に設置するタイプは少ないのでしょうか。

と、ここまで書きながら気づきました。暖房の方が圧倒的に使用率が高いから暖かい空気が上に行くという効率を考えて、下に設置しているのですね。ここセントポールは緯度も北海道より高いぐらいで、冬はー20℃くらいが普通だそうです。寒すぎたら会社が休みになることもあるそう。極寒ですね。そりゃ暖房がメインになります。

ちなみに私が訪れた9月は本当にベストなシーズンだったと思います。日本ほど暑さはなく日中は長そで、長ズボンでちょうど良いくらいでした。それでも朝と夜はすでに少し寒いくらいでしたが。10月を超えると一気に寒くなってきて厳しい冬が訪れるようです。

アメリカのホテルでは結構よくあることらしいのですが、ホテルにプールがついていました。非常におしゃれです。日本のホテルでプールがついているところなんて泊ったことがないので、テンションが上がりました。入ってはいませんけど。プールは見るだけで十分です。

朝食会場。小さいですが、おしゃれな雰囲気があってよかったです。朝食はパン、ヨーグルト、ソーセージ、オムレツ、シリアルなどです。パンは種類が豊富でシナモンロール、カップケーキ、マフィン、などなどいろんな種類がありました。私の一番のお気に入りはシナモンロールでした。アメリカらしくかなり甘いですが、甘党の私には最高でした。

料理は紙製の皿に取って、食事を終えたら自分でゴミ箱に捨てる方式でした。

このホテルのスタッの女性はとてもフレンドリーで明るい笑顔が素敵な方でした。弟が日本に留学しているそうで、日本が好きと言ってくれてうれしかったです。

セントポールでの日の出写真

先ほども書きましたが、この場所はHoliday Inn Express Inver Grove Heightsから徒歩5分ほどの場所です。特に目的地を決めず、どこかで綺麗な日の出が見れないかと散歩して見つけた名も無き場所です。

朝ホテルを出たのは朝6時45分ごろ。この日の日の出時刻は7時5分。すでに空が明るくなり始め、オレンジ色に光り出しています。

すでにこの場所でも十分綺麗な空が見えますが、車や信号が少々邪魔になってしまいます。アメリカの横断歩道はボタンを押さないと変わらない、押しボタン式。しかも歩行者が通れる時間はかなり短いです。なにしろアメリカは圧倒的な車社会。歩いている人自体はかなり少ないです。

信号が見えなくなる場所を探して、明るい方向、東へと足を進めます。

信号を超えるとかなり開けた場所に出ました。遠くまで見渡すことができて美しいです。雲が太陽の光を受けて赤紫色に反射しています。この赤みを帯びた雲の色味は本当に好きで、見れた日は幸運だと勝手に信じています。上の写真の右手段になっているのが、上記で日の出スポットとして紹介した駐車場です。駐車場の端まで行くと遮るものがなく広々としたアメリカの空が広がります。アメリカは土地が広いためか日本みたいにぎゅうぎゅうに家や建物が立ち並ぶということがほとんどありません。緑が豊富でとても落ち着きます。

この場所に着いたのが、6時55分ごろ。既に空がかなり色づいて今にも太陽が出てきそうです。慌てて、三脚を準備して、タイムラプスを撮ることにしました。

中央に堂々と存在する大きな雲が非常に良いアクセントとなってくれます。

すぐに東の空のオレンジ色の部分が黄金色に輝き始めました。いつ、どこで見てもこの瞬間は太陽のエネルギーを感じることができ、感動します。

そして日の出。太陽はちょうど遠くに見える木にかぶっていました。でもそれがまた良いです。木の枝のシルエットが美しく輝きます。

あっという間の日の出でしたが、アメリカで見る美しい朝焼けと日の出を見ることができて一日の活力が沸きました。

セントポールでの日の出タイムラプス

短いですが、セントポールでタイムラプスをご覧ください。余談ですが、ついにLRTimelapse5を購入してしまいました。知らない人も多いかと思いますが、日の出や夕焼けのタイムラプスを撮ると露出が次々に変化していくことによってどうしても動画がちらつくフリッカーというものが現れてしまいます。今までは諦めていましたが、ついに我慢できずフリッカー除去が可能なタイムラプスに必須のLRTimelapse5というソフトを購入してしまいました。

どこかで紹介しようと思いますが、やはりLRTimelapse5を使ってタイムラプスを作成すると滑らかで見やすいタイムラプスが作成できます。もはや自己満の中の自己満領域になるのは承知の上ですが。

セントポールの夕焼けスポット

日の出スポットとしても最適な場所を見つけましたが、Holiday Inn Express Inver Grove Heightsの近くには夕焼けスポットとしても最適な場所がありました。

それはホテルの裏側の駐車場付近です。「OUTBACK」というステーキ屋さんの赤い看板が見えているあたりです。このあたりは比較的開けた場所になっており、空を広く感じることが可能です。

看板越しの夕焼け空を撮るとアメリカらしさを含んだ素敵な夕焼け写真が撮れます。

やはり雲が全くない空よりも、雲が点在している空のほうがアクセントがあって、素敵な空になる気がします。

この日も爆焼けの鮮やかなオレンジ色をした夕焼け空を望むことができました。

まとめ

今回はアメリカ合衆国ミネソタ州セントポールでの朝焼けそして日の出を見てきました。特別な日の出のスポットがあるわけではないですが、緑が豊かなこの地域では綺麗な日の出が見れる場所がたくさんあると思います。

ぜひ自分だけの日の出スポットを探してみてください。

2 thoughts on “ミネソタ州セントポール(Saintpaul)での日の出・夕焼け穴場スポットを紹介。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です