先日アメリカ合衆国、ミシガン州イプシランティを訪れた際に美しい夕焼けを見ることができたので、紹介したいと思います。

見たとは言いましたが、実際はカメラを放置していただけです。カメラを設置して放置して、しばらくしてから確認すると美しい夕焼け、日の入、マジックアワーが写っていました。

先日日の出スポットとして紹介したマリオットホテルです。

デトロイトから近いイプシランティ(Ypsilanti)とは?

日の出スポットととしての紹介とかぶりますが、見ていない人のために繰り返しになります。

アメリカ合衆国のミシガン州南東部に位置する都市。人口は約2~3万人とちいさな都市となっています。都市というより田舎といったところでしょうか。五大湖のひとつエリー湖の近くに位置し、同様にデトロイトに西側にあります。デトロイト空港からも車で30分ほどの場所です。

イプシランティ(Ypsilanti)の夕焼けスポット、マリオットホテル

イプシランティ(Ypsilanti)での日の出スポットとして紹介するのはホテル「Ann Arbor Marriott Ypsilanti at Eagle Crest 」です。いわゆるマリオットホテルです。日本にもありますね。

正確にはこのマリオットホテルに併設されてる、ゴルフ場です。マリオットホテルに宿泊していればゴルフ場にも入ることができます。朝のゴルフ場は利用している人もほぼいないので、絶景の日の出を独り占めすることが可能です。

このマリオットホテルのゴルフ場は広い敷地を有し、東側がフォード湖という湖に面しています。そのため、湖から出てくる日の出を望むことができます。

イプシランティ(Ypsilanti)での夕焼け

今回のマリオットホテルは8Fだったため比較的高い場所に位置していました。おかげでホテルの部屋の中にも関わらず、空が開けた場所で撮影することができました。

この日の日の入時刻は19時30分。まだ18時40分ごろで太陽もまだ高い位置にあり、空も青い状態でした。ただ、すぐに外出しなければいけなかったので部屋の中にカメラを設置してタイムラプスを撮っておこうと決めました。

慌てて設置したので、反射対策が不十分であったり、構図をあまり考えることができませんでした。少し暗いですが、撮り始めはこんな感じ。

下の方に見えているのは、ホテルの駐車場とゴルフ場くらい。8Fではありましたが、正直もっと下の階、もしくは、低い建物でもイプシランティでは十分に綺麗な夕焼け見れると思いました。なんせ、高い建物がほとんどありません。

アメリカは基本的に土地が広いので、大都市などでない限りは日本のビル群のように高くする必要がないので、景色を見渡しやすいです。ここからはホテルの部屋に戻ってから確認した写真になります。

日の入時刻が近づき、太陽が沈んでくると、次第に地平線付がオレンジ色に染まっていきます。飛行機がタイミングよくクロスして十字架の飛行機雲を作りだしています。タイムラプスでこれが形成される様は非常にかっこいいです。

そして日の入。上空のまだ青さが残る空から、地平線付近のオレンジ色の空へと変わっていくグラデーションが綺麗です。綺麗ではありますが、これだけと思ったかもしれません。ここまでは割と普通の夕焼けでしたが、ここからが本番でした。

太陽が沈んだにも関わらず、急激に太陽の光が漏れ出し、上空の空が黄金色に輝きだします。

そして右側半分だけ太陽の光が光芒となり、強い光が差し込みます。部屋に帰ってタイムラプスを見て、本当に驚きでした。こんなにも美しい夕焼けだったのかと。

イプシランティでの夕焼けタイムラプス

今回の太陽がまだ高い位置にある時間から、夕焼け、日の入、マジックアワーと空は表情を変えていく様をタイムラプス動画にしました。時間にして焼く1時間半ぐらいでしょうか。

0:26~と0:37~が個人的にぜひ見ていただきたい部分です。タイムラプスの素晴らしさが伝われば幸いです。

まとめ

アメリカ合衆国ミシガン州イプシランティで素晴らしい夕焼けタイムラプスを撮影しました。

私は日の出スポットとしても素晴らしいマリオットホテルの部屋内から撮影しましたは、イプシランティは高い建物が少ないので、いろんな場所綺麗な夕焼けが見れると思うので、探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です