こんばんは、ゆーです。

今回は少し遡りますが、以前に千葉へレンタカーを借りて観光した際に星空スポットとして有名な野島崎灯台へ訪れたので紹介したいと思います。

夜中から星空を見てそのまま日の出を見ました。星空に関しては噂通りの綺麗さを誇っていたのですが、あまり満足のいく写真が撮れず、代わりに朝焼けが印象的だったので、そちらを中心に紹介します。

野島崎灯台までのアクセス

野島崎灯台での星空

野島崎灯台での星空は噂通りとても綺麗で白いベンチがとても印象的でした。が、すべての写真のピントがずれていたのと設定が甘く明るい星しか映っていなかったため、またリベンジしたいと思います。

十分綺麗な写真には違いないのですが、満足のいく写真ではありません。

1点注意しておくべきなのは、この白いベンチの場所です。私が到着したのは夜中だったため、辺りは暗かったこともあり、白いベンチを見つけるのに時間がかかりました。

ある程度辺りが見える時間帯に到着して、場所を確認しておくのが良いでしょう。

野島崎灯台での朝焼けからの日の出

野島崎灯台での星空を眺めた後車で仮眠を撮り、日の出も見てきました。

目を覚ましたころには既に辺りが明るくなっていたので、慌ててタイムラプスを撮影しました。本当はもう少し撮影場所を吟味したかったのですが、既に太陽が出てきそうなので駐車場のすぐ近くで撮ることに。

辺りに写真を撮っている人は誰もいませんでした。星空スポットとしては有名ですが、日の出スポットとしてはまだまだマイナーなようです。

ここからだとは東側が完全に海で開けているわけではありませんが、シルエットとなり、良い雰囲気を出してくれます。

そして雲も程よく存在して、雲の光を受けて赤味を帯びたオレンジ色に光っています。

撮り始めて数分ですぐに太陽が出てきました。間一髪。

うっすらと光芒も見えて美しいです。

太陽が出てくると少しずつ雲の量も増えていきます。


これらをタイムラプスとしてまとめたものがこちら。

雲の動きがゆっくりのため、撮影してる間は何となく動いていることが分かる程度ですが、タイムラプスにするとこういう風に動いていたのか、と気づくことができます。それがタイムラプスの魅力であり、面白みの1つです。

野島崎灯台での日の出撮影のポイント

・自分だけの撮影ポイントを探す。

野島崎灯台は星空スポットとしてはかなり有名になっていますが、日の出スポットとしてはマイナーです。そのため、定番の構図は存在せず、人も少ないです。おそらくですが、今回の撮影地よりももっと東側が開けたポイント、遮る物が少ないポイントはあったと思います。自分だけのポイントを見つけて撮影できれば、その達成感はより大きなものになると思います。

まとめ

今回は千葉の星空スポットとして有名な野島崎灯台に行き、星空を見た後、日の出を見てきました。星空は当然綺麗でしたが、朝焼けからの日の出もとても綺麗でまた来たいと思える場所でした。

日の出は人も少なくて、静かな雰囲気の中撮影ができるので、ぜひ訪れてみてください。