東京駅での夜景をタイムラプスで撮ると普段は気づかない光景に気づくことができた。(2019.1.19)

こんばんは、ゆーです。

しばらく更新できていませんでしたが、今回は東京駅丸の内での夜景を撮影してきたので簡単ではありますが、紹介します。

2017年12月以前の東京駅

東京駅はこれまでにも何度も訪れており、何度も写真を撮りに行っていましたが、当時はまだ駅前広場の工事をしている時期でした。

こちらはKITTEの屋上展望台から撮った1枚。十分綺麗なのですが、よく見ると工事中の景色が映ってしまっていますね。

正面から撮ると工事の柵目立ってしまい邪魔になってしまいます。

工事後の東京駅

2017年12月に工事が終わり、新しい東京駅となってからも東京駅にくることは何度かありました。ただ、ゆっくりと写真を撮る時間がなく、気づいたら2019年になっていました。

KITTEからの東京駅

やはり東京駅での夜景と言えば、KITTEからです。以前よりも色味を寒色にしてみました。やはり工事部分がないと駅前がすっきりしています。

土曜日の夜でしたが人込みは少なく比較的空いていました。あまりに定番のポイントで行ったある人が多いため、空いていたのでしょうか。

構図も限られているので、タイムラプスを撮影しました。動画は後程載せます。

東京駅前広場での夜景

工事が終わり広々とした駅前広場から撮ると、やはり改めて撮影に来てよかったと思える景色です。

東京駅前は日本人よりも外国人観光客のほうが多いように感じました。団体客が至る所で写真を撮っていました。

駅の目の前は割と混雑していましたが、少し離れると比較的空いていました。

さらに離れて道路を挟んだところから撮るのもアクセントとなり綺麗でした。

東京駅での夜景タイムラプス

今回の東京駅での夜景のタイムラプスをまとめました。

ただ写真を撮っているだけでは、ほとんど変わることのない夜景写真。しかし、タイムラプスにすることで多くの人々の動き、車の動きなどに気づくことができます。

社会は常に動いているということを実感できます。

まとめ

今回は駅前広場の工事が終わった東京駅で夜景を撮影してきました。東京駅前はそこまで混雑も無く撮影しやすかったです。

タイムラプスは普段気づくことのできない、景色の中に潜む動きを捉えることができるため、素晴らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です